海外「日本は嵌められたんだ」 米国は真珠湾攻撃を事前に知っていたのか?
今回は、太平洋戦争開戦時の米国の大統領、フランクリン・ルーズベルトが、
日本の真珠湾攻撃を事前に察知しながらも、それを放置したという、
いわゆる真珠湾攻撃陰謀説に対する海外の反応です。

以下翻訳元の内容の概略

・ピューリッツァー賞作家ジョン・トーランド氏、
 元海軍軍人のロバート・B・スティネット氏、
 歴史家のマーク・パリロ氏が、この陰謀論を支持しており、
 ルーズベルト大統領が日本の真珠湾攻撃を放置したのは、
 第二次世界大戦に参戦するきっかけを作るためだったとしている。


・当時陸軍長官を務めていたヘンリー・スティムソン氏が、
 攻撃10日前の日記にルーズベルト大統領と会談したことを記し、
 その中で、「ルーズベルト大統領は『いかにして日本に先制攻撃をさせるか』
 を思案していた」という記述がある


・現在の多くの歴史家はこの陰謀論を否定している。
 ルーズベルト大統領は日本軍の能力などを過小評価しており、
 十分な諜報を行わず、軍も必要な準備をしていなかった。


・しかしながら、真珠湾攻撃に関する文書は戦時中に処分されており、
 残っている物も、多くは攻撃から75年が経った今なお機密扱いである。



以上になります。
この陰謀論に対し、海外から様々な声が寄せられていました。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

海外「衝撃を受けた」 『大東亜戦争の真実』に外国人から賛否両論

fdrpearlharbor.jpg


スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None