海外「日本との差が酷すぎる」 NYT紙が『鬼滅の刃』と日本のコロナ対策の成功を大特集
今回は、大ヒット中の映画「鬼滅の刃」に絡めて、
現在の日本のコロナの状況を取り上げた、
米ニューヨーク・タイムズ紙の特集記事からです。

早速ですが以下が要点になります。

「アメリカでは、映画館が開いているとすれば、
 空席の海の中で作品が上映されるだろう。
 しかし日本では、とあるアニメ映画が、
 日本史上最大の週末興行収入を記録していた。

 大ヒットした漫画を原作とする『鬼滅の刃 無限列車編』は、
 ファンはもちろんのこと、客足を取り戻したい映画関係者、
 その双方から数ヶ月前から熱い期待が寄せられていた。

 いざ公開されると、全ての期待を上回り、
 340万人以上がチケットに4400万ドルを支払った。
 この作品は日本国内でしか公開されていないにもかかわらず、
 他の全ての国の週末興行収入を合わせた数字を上回っている。

 この映画の成功は通常の状況下でも異例と言える水準だが、
 現在のコロナ禍においては特別な意味があり、
 混雑した空間で見知らぬ人達と共に長時間座っていても、
 安全だと感じられるようになれば、
 観客がいかに早く映画館に戻ってくるかを示している。

 日本は新型コロナの感染者と犠牲者を少なく抑えており、
 欧米では再び感染が急増している一方で、
 東京では少なくとも表面的には日常がほぼ正常に戻っている。
 日本の政治家たちにとってこの驚くべき興行収入は、
 日本が今回のパンデミックを乗り切り、
 経済を立て直そうをしている事を示すバロメーターとなった。

 日本では強制的なロックダウンは行っておらず、
 マスクを着用しなくても罰金は科されない。
 国の啓発キャンペーンは、マスクを着用し、
 頻繁に手を洗い、当局が「3密」と呼ぶ物に重点を置いた。
 そして、国中の人々が積極的にそれらを守っていた。

 22歳の日本人女性は、
 『コロナが落ち着いた9月から映画をまた観るようになりました』
 とした上で、以下のように語ってくれた。
 『人々が適切な予防策を講じている限り、
  感染を心配する事はありません』」


 
以上です。
アメリカでは大半の映画館が営業を再開していますが、
ニューヨークなどの大都市では現在も閉鎖されたまま。
コロナ禍でも日本人が安心して映画館に足を運び、
その結果空前の大ヒット作が誕生したことに、
アメリカ人から驚きと羨望の声が寄せられていました。

海外「日本には名作が多過ぎる」 日本映画TOP10ランキングが大反響

735735353.jpeg


スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None