海外「日本に任せれば間違いない!」 日本発のコロナ対策の革新性に世界から絶賛の声
今回は、ソーシャルディスタンスを実践するために、
日本の企業が相次いで開発を行なっている技術を紹介する映像から。

大手電機メーカーの日立は先日、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、
ソーシャルディスタンスを自然に誘発する、
新たな体感型映像システムを開発した事を発表しました。

このシステムでは三次元情報を計測可能なカメラ等で人の位置を計測し、
間隔を空ける目安として、足元に直径2メートルの円を投影。
さらにその中で魚が泳ぐ映像も映し出し、
人と人との間隔が狭まると魚が逃げてしまうなど、
自ずと楽しさや気づきを得られる仕掛けになっています。

また、三菱電機も密を防ぐためのシステムとして、
施設の混雑状況を確かめてから入場することや、
エレベーターに分散して乗ることなどをの呼びかけを、
床に映し出して行えるシステムを開発。
すでに企業向けに販売を行なっています。
その技術の革新性や日本人らしい発想に対して、
世界中から絶賛の声が殺到していました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人とかいう天才集団よ」 日本の自動改札機の進化っぷりが凄いと話題に

82473573.png


スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None