米国「今すぐ韓国から軍を撤退させよう」 GSOMIA破棄の韓国にアメリカから不満の声が殺到
韓国政府が今月22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を、
「国益に見合わない」として破棄すると発表したことについて、
アメリカ政府からも不満の声が連日のように寄せられています。

ポンペオ国務長官は「韓国の決定に失望した」と述べ、
防総省のイーストバーン報道官は「強い懸念と失望を表明する」と批判し、
またオータガス国務省報道官は「深く失望し、懸念している」とした上で、
「韓国の防衛を更に複雑にし、米軍に対する脅威を増大させる」と不満を表明。

相次ぐ米国からの批判に、韓国外交部は28日、ハリス在韓米国大使を呼び出し、
米国の否定的な反応について遺憾の意を表明し、自制するよう要請しています。

GSOMIAの破棄はアメリカの説得を無視する形で行われたため、
当然アメリカの人々も不満を覚えているようで、
関連投稿には韓国からの米軍撤退を望む声が相次いで寄せられていました。

米国「あまりにも身勝手だ」 慰安婦像の米国での設置に現地から疑問と不満の声

357468648.jpg


スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None