海外「日本に干渉するな!」 日本の国籍法を時代遅れとする記事に外国人から怒りの声
日本では国籍法14条1項により、外国の国籍と日本の国籍を有する人は、
22歳に達するまでにどちらかの国籍を選択する必要があり、
選択しない場合は、日本の国籍を失うことがあります。
(国籍離脱を認めない国がある等の理由で、あくまでも罰則のない努力義務)。

大坂なおみ選手の活躍をきっかけにこの件が改めて取り上げられはじめ、
主にリベラルメディアから「日本は国籍法を見直すべきなのでは」
という内容の主張を耳にするようになりましたが、
今回の翻訳元の記事も、そういった意見になります。

記事は、日本の様々な情報を外国人に伝えるサイトが投稿したもので、
「世界的には多重国籍は一般的である」とした上で、
「日本は時代遅れのシステムを変えるときだ」と指摘。
「失敗すれば、日本社会を手助けしてくれる外国人の流入が止まり、
 人口の高齢化や縮小により、日本は活力を失うだろう」
と結んでいます。

この主張に対し、外国人からは異論が続出しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人に相応しい特権だ」 単独で世界最強となった日本のパスポートに納得の声

34764835.jpg



スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None