韓国が従来とは別方面から三菱グループに喧嘩を売ってきたと判明 地名改竄で痕跡を抹消する
1:蚯蚓φ ★:2019/06/01(土) 00:20:04.66 ID:CAP_USER

http://www.segye.com/content/image/2019/05/30/20190530508274.jpg

日帝残滓に指定された全北(チョンブク)全州市(チョンジュシ)「東山洞(トンサンドン)」の名称を市民公募を通じて新しく変更する。

全州市東山洞住民センターは東山洞(行政洞)名称変更推進委員会アンケート調査と会議結果により「東山洞」行政洞名称変更を決めたと30日明らかにした。

東山洞は日本軍国主義戦争犯罪企業家「三菱」創業者・岩崎弥太郎の号「東山」に由来した。

1907年、岩崎弥太郎の長男が全州に父親の号をとった園農業株式会社をたてた後、1914年日帝が行政区域を改編し、昔の地名「片雲里」をなくして東山里に変更し現在に至る。

全州市は今年3・1運動100周年を記念して日帝残滓清算の一環として東山洞の名称を住民の意見を集めて変えることにした。これに住民と市会議員、専門家など23人で名称変更推進委員会を先月構成し、住民説明会を開催したのに続き、今月7日からは名称変更の賛否を問う住民アンケート調査を実施した。

その結果、回答世帯の90.7%(6730世帯)が名称変更に賛成意見を示した。世帯別訪問調査方式でなされた今回の調査では東山洞全体の1万602世帯中、7418世帯(70%)が回答した。これに伴い、全州市と推進委は来月3日から12日まで10日間、市民提案公募を通じて新しい洞名を決めて使う計画だ。

イ・ウンギ東山洞名称変更推進委員長は「日帝残滓清算を望む住民たちの意思により地域の自負心を高めることができる新しい洞名を選定し子孫に譲るだろう」と話した。

キム・ドンウク記者

ソース:世界ローカルタイムズ(韓国語) 「日帝戦犯企業創会社号」全州東山洞市民公募に変更
http://segyelocalnews.com/news/newsview.php?ncode=1065625174656051


続きを読む

スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None