北海道知事選の野党候補にとんでもない面子が駆けつける 史上最悪の贅沢フルコースだ
1:転載禁止(家) [ニダ]:2019/03/31(日) 22:48:42.88 ID:OtxiraEZ0 BE:151915507-2BP(2000)

北海道知事選で野党幹部初結集、政権批判前面も与党系先行
https://special.sankei.com/f/politics/article/20190331/0004.html
石川氏を応援する野党5党幹部らが31日、札幌市内に集まったが、昨年9月の沖縄知事選のような熱気はみられなかった。

立憲民主党の蓮舫副代表「平成の次の時代に絶対に持って行ってはいけないものが安倍政治だ。安倍晋三内閣に対し、石川氏を通じて『間違っている』と言ってほしい」

 国民民主党の玉木雄一郎代表「アベノミクスは、もういい。物価よりも賃金、年金を上げよう」

 野党幹部らが約3千人の聴衆に強調したのは、安倍政権批判ばかりだった。

 自由党の森裕子幹事長は、鈴木氏を「首相官邸を忖度(そんたく)するような知事(候補)」との表現で攻撃した。鈴木氏を政権の「傀儡(かいらい)」と印象付けることで、批判票の受け皿となりたい思惑があったとみられる。

 野党側は、鈴木氏擁立を主導した菅義偉(すが・よしひで)官房長官も「仮想敵」と位置づけている。菅氏は夕張市が財政破綻した当時の総務副大臣で、鈴木氏は法政大の後輩だ。

 3月20日に札幌市内のホテルで開かれた石川氏の演説会では、上田文雄前札幌市長が「スガりつく、権力におもねり政権に忖度する者に、自治を語る資格はない」と語った。

EjJjsQI

贅沢フルコース


続きを読む

スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None