海外「韓国の嘘が暴かれた」 韓国海軍レーダー照射事件の映像が公開され話題に
韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊P1哨戒機に対して、
火器管制レーダーを照射した問題で、防衛省は昨日映像を公開しました。

映像には、韓国軍の艦船から2回火器管制レーダーを照射された場面や、
自衛隊機から3度にわたり無線で呼び掛けを行ったこと、
それに対して韓国海軍艦艇からの応答がないことなどが含まれており、
岩屋毅防衛相は会見の中で、「海自が国際法に則り、
適切な行動を取ったと国民に理解してほしい」
と話しています
(なお、英訳付きの同映像も防衛省がネット上に投稿している)。

今回の映像公開に対して韓国国防省は、
「客観的証拠とは見なせない。一方的な内容の映像を公開し、
事実関係をごまかしている事に対し改めて遺憾を表明する」と反発しています。

この件に対して、外国人から様々な意見が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本とは争うな」 海上保安庁による工作船追跡映像が改めて話題に

3463757.png


スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None