「反日に狂奔する癖に日本に援助を求めるとは」と韓国識者が絶望 安倍首相の発言は正しい
1:蚯蚓φ ★:2018/11/27(火) 18:34:00.99 ID:CAP_USER

http://img.mediapen.com/news/201811/news_398260_1543279570_m.jpg
▲キム・ビョンジュン自由韓国党非常対策委員長の対日関係発言が事実関係を歪曲しているという非難を受けている。/写真=自由韓国党提供

殴る姑より止める小姑がもっと憎いとか?過去のことわざそのままだ。自由韓国党、金秉準(キム・ビョンジュン)非常対策委員長は先週、文在寅(ムン・ジェイン)政府が和解治癒財団を解体したことは性急な措置と批判しながらも「慰安婦問題合意の過程で前のパク・クネ政府が多少急いだ点があった」と話した。

巧妙なのはそれが両非難論という点だ。ムン・ジェイン政府を批判するふりをしながら同時にパク・クネ政府も殴るが、韓日関係の核心が分からないから、的外れな足蹴りを繰り返す。ムン・ジェイン政府の対日外交暴走を牽制しなければならない第一野党が今、何をしているのだろうか?キム・ビョンジュンの発言をもっとよく見れば驚くべきことに事実関係さえ確認せず、一方的発言をしているのが一目瞭然だ。

「韓国国民は総理の謝罪を望んだが外相が謝まり、和解治癒財団を設立する過程で被害者ハルモニらとの対話に不十分な部分があった。」「(ムン・ジェイン政府が)すぐに財団を解体したことは性急な措置だ。日本総理の謝罪を受けられなかったのか、補償に対する責任を明確にする方案はなかったのか、もう少し話して措置を取る方が良かっただろう。」

「謝罪しない日本」も私たちの固定観念

事実関係を確認すれば、キム・ビョンジュンの主張と異なり安倍総理が謝罪発言をしたというのが正しい。3年前、韓日慰安婦合意前後の安倍総理はこのように発言した。「慰安婦問題は当時、軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題としてこの様な観点で日本政府は責任を痛感する。」

それは「謝罪しない日本」という私たちの固定観念を破るものだったが、謝罪発言の主体がまさに彼自身であることも明確にした。「安倍は日本国内閣総理大臣としてもう一度慰安婦として多くの苦痛を味わい、心身に癒しがたい傷を負ったすべての方々に心から謝罪と反省の心を表明する。」それならキム・ビョンジュンの発言は明白な事実関係歪曲だ。

すなわち「韓国国民は総理の謝罪を望んだが外相が謝った」と主張したことは明白な錯誤ないし意図的間違いだ。外相の代読であっても謝罪の主体が変わるはずはないではないか?私たちがこのように幼稚な行動に出れば日本の目に韓国はどのように映るだろうか?日本が何をしてもブツブツ言って新しい要求をするおかしな国と刻まれないだろうか?

そして「和解治癒財団を設立する過程で被害者ハルモニらとの対話に不十分な部分があった」というキム・ビョンジュンの発言も錯誤に過ぎないが、挺対協のような反日市民団体の「無条件反対」の声に力を与える結果である。第一野党が左派市民団体の第二中隊に転落した瞬間だ。

キム・ビョンジュンの発言と異なり和解治癒財団は慰安婦合意の翌年上半期、国内居住の個別被害者らと接触した。生存被害者合計47人中36人の被害者と面談し、34人が財団の事業を申請した。手続きにも欠陥はなかったが一部左派メディアが「ハルモニらの認知能力がない状況で同意したものもある」、「懐柔した」というでたらめな記事で妨害した。

ここまでが韓日関係の真相であり、そのため第一野党非常対策委員長の最近の発言はごちゃまぜで歴史認識がない声に過ぎない。「(ムン・ジェイン政府が)すぐに財団を解体したことは性急な措置だ。」という不十分な話もそれで出てきたのだろう。状況はそれよりはるかに厳しい。

安倍総理は韓国がこのように国際的約束を守らないなら、これは国家対国家の関係が成り立たないと指摘したが、それは正しい意見だ。韓国メディアはそれを安倍の妄言と規定しながら反日の雰囲気を高めるが、私たちの姿勢がどれほど誤りか、省察すべき時点がまさに今ではないか?しかし状況は実に難しい。それが心配だ。

>>2-5あたりに続く

チョ・オソク/ジャーナリスト

http://img.mediapen.com/news/201811/news_398260_1543276670_m.jpg

ソース:メディアペン(韓国語) 自由韓国党キム・ビョンジュン、韓日関係をこのように分からない?
http://www.mediapen.com/news/view/398260


続きを読む

スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None