英国「日本と組めば絶対に大丈夫だ」 イギリスがTPPへの参加意思を公式に表明
先日イギリスのフォックス国際貿易相がロンドン市内で講演し、
イギリスが欧州連合(EU)を来年3月に離脱した後に、
環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加を目指す意向を表明しました。
フォックス氏は英国のTPP参加について、
「世界で最も急速な成長を遂げている地域の中心に、
 イギリスが位置されることを意味する」と述べていらっしゃいます。

TPP参加国は現在までのところ、環太平洋地域に限られていますが、
英政府は参加条件に地理的な制約がないことを確認しており、
茂木経済再生担当相も、英国の参加は可能との見解を示しています。
TPPに参加する11カ国のGDPの合計は全世界の13パーセントを占めており、
仮に英国が参加することになれば、17パーセントに高まることになります。

TPP参加国であるシンガポールのリー首相が合意後、
「安倍首相がリーダーシップを発揮し巧みに舵を取ったことで、
 ゴールにたどり着くことが出来た」とSNS上で自国民に対して伝えたように
TPPは日本が主導したもので、もしイギリスが加入となれば、
日本にとって政治的なメリットも小さくなさそうです。

母国のTPP入りの可能性をイギリス人はどう感じているのか。
関連記事に寄せられたコメントをまとめましたので、ごらんください。

英国「日本人には本物が分かるんだよ」 BBC 英国製の革靴を愛する日本の人々

215703850.png


スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None