海外「日本の本気を見た!」 日本の過激すぎる交通安全教育に賞賛の声が殺到
今回は、日本の交通安全教育に対する反応です。

日本における死亡事故件数は年を追うごとに減少しており、
2017年に全国で起きた件数は前年より210件少ない3694件で、
これまで最少だった1949年(3790件)を68年ぶりに下回りました。

子供(高校生以下)が関わる死亡事故の件数も年々減少していますが、
それでも「死傷者」で見ると年間6万人以上が交通事故の犠牲になっており、
さらなる交通安全教育の徹底が求められています。

そのような中、プロのスタントマンが事故を再現し、
交通事故がいかに危険なものなのかを視覚的に伝え、
子供達に交通安全への意識を高めてもらう取り組みが、
現在全国各地の小中学校などで増加しています。

ご紹介する映像では過激な交通安全の実際の様子が紹介されているのですが、
子供たちの安全や意識の向上が真剣に考えられているとして、
主にタイの方々から賞賛と羨望の声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「そりゃあ日本に勝てない訳だ」 日本の学校教育のあり方に世界から賞賛の声

192385082.png


スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None