海外「日本のゲームが復活した」米国で新たな黄金期を迎えた日本のゲームを米紙が特集
今回は、アメリカにおける日本のゲームの人気の高まりを伝える、
ウォール・ストリート・ジャーナル紙の記事からです。

以下が記事の要点になります(青字部分だけでも十分かと思います)。


・近年の日本のゲームに見られる独特のキャラクターなどの見た目、
 そしてストーリー展開を評価する人が増えたことにより、
 アメリカにおける日本のゲームのファン層が厚くなっている。


グリーによると、同社が開発・運営している「ダンメモ」の4月の売上は、
 日本でよりも、米国での方が40パーセントも多かった。

 創業14年で初めてのことである。
 東京を拠点とするゲームコンサルタントのSerkan Toto氏は、
「こんなことは10年前には考えられませんでした。
 日本のゲーム会社は今まさにルネサンス期にあるのです」と指摘する。



カプコンの「モンスターハンター:ワールド」は、
 発売からわずか2ヶ月ほどで約790万本を売り上げた。

 これは同社の歴史上、最高の出荷本数である。
 また、「ドラゴンボール ファイターズ」を販売したバンダイナムコは、
 アメリカにおける売上高が昨年度よりも22%も増加した
(4年で約3倍)。


「ドラゴンボール ファイターズ」は人間的ではなくアニメ的な動きにし、
「ダンメモ」は、日本の声優の声をそのまま使っている。
 スクウェア・エニックスの佐々木通博氏は、
「かつて欧米人は日本のRPGをからかうような風潮があったが、
 現在では日本的なストーリーやキャラクターデザインを、
 賞賛するようになってきている」と語った。



・カナダ出身の32歳のネットワークエンジニアは日本のゲームについて、
「日本のゲームはプロットがよく練られてるし、音楽も素晴らしい。
 それにフィールドに蝶が飛んでいたりと、ディテールにもこだわるんです。
 日本のゲームのそういった点が好きです」と語る。


ゲーム販売におけるターゲット層の1つは20代、30代の人々、
 つまり日本のアニメ、映画、商品とともに育ってきた世代である。

 アメリカの特定の世代が日本の文化に馴染んでいることが、
 小規模なゲーム会社にもチャンスをもたらしており、
 日本一ソフトウェアが販売する「魔界戦記ディスガイア5」などは、
 アメリカでの出荷本数が増えている。


エース証券の安田秀樹氏は、
「日本のゲームが欧米からの支持を獲得していることを、
 日本一ソフトウェアの成功が例証しています。
 日本のゲームの人気の高まりは、世代交代が起きた結果です」と指摘している。



以上になります。
つまり「日本のポップカルチャーに囲まれて育った世代が、
いよいよ購買層になったことが大きな要因ということでしょうか。

記事に寄せられた反応をまとめましたので、ご覧ください。

海外「ありがとう任天堂!」ポケモンGO 米国人にメートル法を認知させる快挙

1405820485.jpeg


スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None