記者会見で文在寅が『自分は何の役にも立たない無能だ』と無自覚に自白。米朝関係を引っ掻き回しただけ
1:しじみ ★:2018/05/27(日) 18:37:03.22 ID:CAP_USER

【5月27日 時事通信社】
韓国の文在寅大統領は、朝鮮半島の非核化、平和体制の構築には米朝首脳会談で非核化の具体策などで合意することが不可欠とみており、会談の成功に向け、米朝間の不信払拭(ふっしょく)に引き続き全力を挙げる。

 文氏は27日の記者会見で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が26日の南北首脳会談の席上、「改めて朝鮮半島の完全な非核化の意志を明確にした」と強調。「米朝首脳会談の成功を通じ、戦争と対立の歴史を清算し、平和と繁栄のため協力していく意志を明らかにした」と紹介した。正恩氏の非核化実現に向けた意志や、米朝首脳会談に懸ける意欲をトランプ米大統領にアピールする狙いがあるのは明らかだ。

 一方、文氏は正恩氏との会談で、先の米韓首脳会談の結果を説明。「トランプ氏は、正恩氏が完全な非核化を決断し、実践する場合、北朝鮮との敵対関係の終息と経済協力に対する確固たる意志を持っている」と伝えたという。非核化に当たり米側に「段階的で同時的な措置」を求める正恩氏に「見返り」を示し、説得するためとみられる。

 文氏は「正恩氏は、非核化に踏み切った場合に米国が敵対関係を終息し、体制を保証するという点について、信頼できるのか心配しているようだ」とも指摘。「正恩、トランプの両氏とも、米朝首脳会談の成功を心から願っているだけに、双方が直接的な意思疎通を通じ、誤解を解き、首脳会談の議題について十分に事前に対話する必要がある」と強調した。米朝間の仲介努力には限界もあることを暗に認め、米朝首脳会談の成否は、結局は両国の直接交渉に懸かっているという認識を示した形だ。
(c)時事通信社

http://www.afpbb.com/articles/-/3176190



続きを読む

スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None