日大学長の記者会見で『問題は”最近の若者”にある』と公言された模様。学生に露骨すぎる責任転嫁
1:名無しさん@涙目です。(アメリカ合衆国) [US]:2018/05/26(土) 00:13:52.88 ID:QlCMxmTZ0 BE:441112139-2BP(2000)

日大・大塚吉兵衛学長は25日、アメリカンフットボールの反則タックルの問題について都内で記者会見を開いた。

しらべぇ既報のとおり、会見の内容が批判を招いているが、タックルをした宮川選手についての発言が物議を醸している。

■世代間のコミュニケーション不足が問題?

会見の中で大塚学長は、宮川選手について「希望があれば本学で学んでもらいたい」「1日も早く学校に戻ってきてほしい」と語っていたが、肝心の騒動については「選手と指導者とのコミュニケーションは難しい。本当の意味で成立していなかったこともあったのかなと感じることもある」と主張

世代間、役職によって言葉の受け取り方は乖離すると語り、「皆さんも会社でどうでしょうか?」と報道陣に訴える。

また、報道陣から、指導者と学生の力関係が影響したのではないかとの質問が飛ぶが、「指導の言葉に受け取り方に幅があるので一概に片付けられない」などと話す。大塚学長は、言葉の理解は学生側の判断力に委ねるということだろうか。

■「解決する気なさすぎ」

指導者ではなく、「学生たちのコミュニケーション不足」ともとれる今回の発言。ネット上では「お粗末すぎる」「自らの保身しか考えてない」と批判が相次いだ。

■「若者のこと馬鹿にしすぎ」

さらに大塚学長は、宮川選手を含めた若い学生たちについても「いまどきの子は孤立化しやすい」と持論を展開。宮川選手だけでなく、「若者」「学生」との世代間の価値観にギャップがあったなどという発言にも批判が寄せられた。
https://sirabee.com/2018/05/25/20161640757/



続きを読む

スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None