海外「日本よ、すまんな」 日本の『ヌーハラ』問題の高まりに外国人から疑問の声
最近になって突如として生まれた「ヌードルハラスメント」という言葉。
ラーメンなどの麺類を音を出して啜って食べる行為が、
文化が違う人たちなどからするとハラスメントになる場合もある、
ということで、メディアなども度々取り上げています。

日清食品はそんな文化や価値観の違いによって生まれる軋轢を解消すべく、
麺をすする音をカモフラージュする機能を持つフォーク、
「音彦(おとひこ)」を開発しています。

カモフラージュ音を監修・制作した清川進也氏によると、
麺を啜る音は「ジェット音」に近いそうで、
それに近い種類の残響音をかぶせていくことで、
「楽器を演奏しているかのよう」に麺を啜れるようになるとのことです。

販売は2017年12月15日正午までに予約個数が5000個に達した場合のみ。
価格は1万4800円を予定しているそうです。

このデバイスは海外メディアにも注目されているのですが、
「ヌーハラ」自体に疑問を抱く外国人が少なくありませんでした。

海外「やっぱ本場は違う!」 日本のご当地ラーメンの多様さに外国人が衝撃

 2017-10-27


スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None