海外「今度は日本が標的か」 日本に移民の受け入れを求める米メディアに怒りの声殺到
今回は、「好景気に沸く日本。今こそ更なる移民が必要だ」
と題された、ブルームバーグの記事への反応になります。

記事では、日本の今年4-6月期の実質GDPが年率プラス4%であり、
その経済の伸びの最大の理由が、個人消費であったことが紹介されています。
その上で、もし日本政府が大規模な移民を迎え入れる事を決断したのならば、
労働力の減少に伴う消費の低迷という問題も克服出来るはずだ、
という主張がなされています。

ブルームバーグのこの主張に対して、外国人からは批判や反対の声が殺到。
多くの方が日本には欧州の二の舞になって欲しくないと考えているようでした。

海外「日本は日本人の為にある」 日本の厳しい難民認定に外国人から賞賛の声

immigration.jpg


スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None