海外「日本以外じゃまず無理だ」 日本特有の建設現場での光景に海外から絶賛の声
建設・工事現場などの朝礼で、身体の準備と体調の確認の為に、
全員でラジオ体操を行うことはよく知られていますが、
プレジデント誌の記事によると、作業員同士で肩もみをすることも、
今では工事現場の朝礼における常識となっているそうで、
大林組や三井住友建設など、多くの企業で取り入れているようです。

建設現場の多くは、知らない者同士が一緒に働く世界。
それだけに、互いに触れ合ったりスキンシップを取ることは大事で、
肩もみのおかげで、一体感と親近感が生まれていくそうです。

ご紹介する映像には、その朝礼での肩もみの様子が収められています。
日本ならではの光景に、海外から絶賛の声が多数寄せられていました。

海外「日本の凄さを思い知った」 震災後に6日で復旧した高速道路が再び話題に

 2017-01-28 2


スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None