FC2ブログ

2020年02月の記事一覧

ニュースも話題もおんなじ様な意味だなんて言わないでね

月別アーカイブ:2020年02月

2020年02月の記事一覧。ニュースも話題もおんなじ様な意味だなんて言わないでね
No Image

未分類
海外「世界は日本に続こう!」 日本政府が下した決断に世界から称賛の声が殺到新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍総理は、来月2日から全国すべての小中高などについて、春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する考えを示しました。実際に休校するかどうかは学校や地方自治体の判断となり、また、今回の要請に幼稚園や保育所、学童保育は含まれていません。この件を、多くの海外主要メディアが速報で報道。子どもを持つ保...

記事を読む

No Image

未分類
【悲報】女さん、とんでもないトンカツの食べ方をしてしまうwwwwwww続きを読む...

記事を読む

No Image

未分類
「コロナが沈静化しても中国経済の急回復は不可能」と専門家が指摘 SARSの時とは状況が違う1:影のたけし軍団ρ ★:2020/02/25(火) 08:59:30.54 ID:CAP_USER現在、中国では、中国経済についてマイナス面を強調した報道が、基本的に禁止されている。経済学者や投資家などが個人的にインターネットやSNS上に、「ヤバいぞ中国経済」などとアップしようものなら、たちどころに削除されてしまう。 逆に「強いぞ中国経済」と説くこと...

記事を読む

No Image

未分類
海外「皆保険なし!」日本と米国、新型肺炎に対抗できるのはどちらか海外が大論争...

記事を読む

No Image

未分類
海外「また日本がノーベル賞か…」 7年後に完成する『ハイパーカミオカンデ』が話題に 岐阜県飛騨市の旧神岡鉱山内に建設予定である、ニュートリノ観測の次世代装置「ハイパーカミオカンデ」。昨年12月に本年度補正予算案で初めて建設費の一部が計上され、来年度当初予算案にも盛り込まれており、建設予定地でも準備が進んでいます。この装置はニュートリノが水と反応して出る微弱な光を捉える事が可能で、目指す成果の1つは、宇宙...

記事を読む

No Image

未分類
【新型コロナ】石原伸晃さん「コロナによる日本への風評被害は看過できない! 加藤厚労相の会見を英訳して全世界に発信、不安を払拭せよ!!」→ ネットの反応wwwwwwww続きを読む...

記事を読む

No Image

未分類
武漢肺炎を議題とするG20会議で中国代表が参加を拒否したと判明 露骨な逃げの一手を打つ1:新種のホケモン ★:2020/02/22(土) 18:20:48.37 ID:CAP_USER【リヤド共同】日米欧の先進国と新興国による20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議がサウジアラビアの首都リヤドで22日、2日間の日程で開幕する。初日は世界経済を議題とし、中国などで猛威を振るう新型コロナウイルスによる肺炎流行が、世界経済の先行きリスクを拡大さ...

記事を読む

No Image

未分類
【衝撃】「爆サイ.com」運営社長、脱税容疑で逮捕→ あの有名女優の兄だった!!!続きを読む...

記事を読む

No Image

未分類
海外「西洋に負けるな!」日本のゲームを巡ってポリコレ論争が海外で勃発中...

記事を読む

No Image

未分類
海外「日本は称賛されるべきだ」 日本のクルーズ船対応を非難する米紙に反論の声が続出新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船、「ダイヤモンド・プリンセス」で隔離されていた乗客の内、感染が確認されなかった約500人の下船が19日に始まり、下船した日本人以外の乗客乗員は、順次帰国しています。乗客乗員を船内に留めて検疫を行うという日本政府の対応に対し、WHOで緊急事態への対応を統括する担当者は、「当時として...

記事を読む

海外「世界は日本に続こう!」 日本政府が下した決断に世界から称賛の声が殺到

海外「世界は日本に続こう!」 日本政府が下した決断に世界から称賛の声が殺到
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍総理は、
来月2日から全国すべての小中高などについて、
春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する考えを示しました。
実際に休校するかどうかは学校や地方自治体の判断となり、
また、今回の要請に幼稚園や保育所、学童保育は含まれていません。

この件を、多くの海外主要メディアが速報で報道。
子どもを持つ保護者は働き方の見直しを迫られることなどから、
日本国内でも様々な意見がある今回の政府の判断ですが、
BBCやCNNなどの記事には、非常にポジティブな声が相次いでいました。

「日本はレベルが違う」 教室に見る日本の小学生の規律に外国人が感銘

7846667357474.jpg


スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None

【悲報】女さん、とんでもないトンカツの食べ方をしてしまうwwwwwww

【悲報】女さん、とんでもないトンカツの食べ方をしてしまうwwwwwww
a34952d222e5e4dd5537f74fc6c20d4e_s
続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

「コロナが沈静化しても中国経済の急回復は不可能」と専門家が指摘 SARSの時とは状況が違う

「コロナが沈静化しても中国経済の急回復は不可能」と専門家が指摘 SARSの時とは状況が違う
1:影のたけし軍団ρ ★:2020/02/25(火) 08:59:30.54 ID:CAP_USER

現在、中国では、中国経済についてマイナス面を強調した報道が、基本的に禁止されている。経済学者や投資家などが個人的にインターネットやSNS上に、「ヤバいぞ中国経済」などとアップしようものなら、たちどころに削除されてしまう。

逆に「強いぞ中国経済」と説くことは奨励されている。

中国中央テレビ(CCTV)はこのところ、「復工復産」(工場と産業の復興)のキャンペーンを張っていて、
「すでに〇〇省の□□工場も△△省の✕✕ハイテクパークも通常運行に戻りました」というニュースを、延々と流している。テレビのマイクを向けられた工場長らは、「SARS(重症急性呼吸器症候群)の時よりも復興が早くてよかった」などと、平然と答えている。

これ以上、非常事態を続けていると、「病死するか、それとも餓死するか」(病死了、或者餓死了)という問題が起こり始めたためだ。「餓死」というのは、中国経済が崩壊してしまうことと、14億国民が閉鎖空間(自宅)に長期間閉じ込められていて、食料とストレスが限界に達するという両方の意味がある。

実際、中国経済に与える影響という面から見た場合、今回の新型コロナウイルスの方が、SARSの時よりもはるかに大きいのは、患者の数や分布を見ても一目瞭然だ。

SARSは基本的に、「広東省と北京のウイルス」で、中国国内の感染者数は5327人、死者は349人だった。これに対し、今回の新型コロナウイルスは「中国全土に蔓延したウイルス」であり、2月24日0時現在、中国国内の感染者数は7万7150人、死者は2592人に上っている。まさにSARSとは一桁違うのだ。

それでも、一刻も早い「復工復産」に向けて、「終息に向かいつつある」ことを示したい中国当局が取った方法は、何と感染者の統計方法を変えることだった。2月20日から、「今後は精度の高い臨床試験で感染したと診断された人のみを感染者とする」としたのだ。

患者が病院で受診して、明らかにコロナウイルスに感染している症状を見せ、レントゲンなどでも肺の様子が感染者と見なされても、感染者にはカウントされなくなったのだ。こうした手法を見ていると、経済統計に関しても今後、国家統計局が「湖北省は正確な統計が集計できなかったため今回はデータから除外した」などと言い出すのではないかと思えてくる。

だが、そういったことを差し置いたとしても、今後の中国の経済統計において、尋常でない落ち込みが見込まれる。

2003年春に感染のピークを迎えたSARSの時は、改めて中国国家統計局の統計を確認すると、同年第1四半期の成長率の伸びが9.9%で、第2四半期が6.7%まで落ち込んだ。だが第3四半期9.6%、第4四半期9.9%とV字回復し、通年では9.1%の成長を確保している。

当時の中国は、2001年末にWTO(世界貿易機関)への加盟を果たし、2008年の北京オリンピックへ向けて、高度経済成長の道をひた走っていた時期だった。SARS騒動はいわば、青春期のほろ苦い挫折のようなもので、若い力ですぐに回復した。

だが、いまは違う。経済の下降局面、アメリカとの貿易戦争、コロナウイルスと「三重苦」で、中国経済は青息吐息である。

さらに、2003年の時との比較で言うなら、産業構造がまったく違う。2003年のGDPに占める第一次産業の割合は3.1%、第二次産業が57.9%、第三次産業が39.0%だった。ところが2019年は、第一次産業が3.8%、第二次産業が36.8%、第三次産業が59.4%だ。つまり第二次産業と第三次産業の割合が、ちょうど入れ替わっている格好なのだ。

この意味するところは重大である。第二次産業は製造業であり、これは極論すれば工場の稼働だ。すなわち、工員たちが戻って来て工場が再稼働すれば、経済はV字回復できたわけだ。

ところが、第三次産業はサービス業である。いくらこの先、新型コロナウイルスが静まったとしても、回復は急には進まない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200225-00070609-gendaibiz-cn&p=2


続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

海外「皆保険なし!」日本と米国、新型肺炎に対抗できるのはどちらか海外が大論争

海外「皆保険なし!」日本と米国、新型肺炎に対抗できるのはどちらか海外が大論争




 カテゴリ
 タグ
None

海外「また日本がノーベル賞か…」 7年後に完成する『ハイパーカミオカンデ』が話題に

海外「また日本がノーベル賞か…」 7年後に完成する『ハイパーカミオカンデ』が話題に
岐阜県飛騨市の旧神岡鉱山内に建設予定である、
ニュートリノ観測の次世代装置「ハイパーカミオカンデ」。
昨年12月に本年度補正予算案で初めて建設費の一部が計上され、
来年度当初予算案にも盛り込まれており、建設予定地でも準備が進んでいます。

この装置はニュートリノが水と反応して出る微弱な光を捉える事が可能で、
目指す成果の1つは、宇宙の起源を解明すること。
建設を主導する東京大学の塩澤教授は、
宇宙ニュートリノの観測、陽子崩壊の観測、
ニュートリノの性質の精密な研究の3つを主な目標に掲げています。

前身の施設「カミオカンデ」と「スーパーカミオカンデ」の観測結果は、
どちらもノーベル物理学賞受賞に結びついていることから、
「ハイパーカミオカンデ」も、ノーベル賞級の研究成果が期待されています。
観測の開始は2027年度になる見込み。

世界の若者の間で絶大な人気を誇るサイト「NowThis News」などが先日、
「素粒子物理学に革命を起こす可能性を持つ」とのタイトルで、
この「ハイパーカミオカンデ」を取り上げたところ、大きな反響が。
投稿には様々な声が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本はよくこんな物を…」 東京湾アクアラインの構造に海外から驚きの声

2453635635.jpg


 カテゴリ
 タグ
None

【新型コロナ】石原伸晃さん「コロナによる日本への風評被害は看過できない! 加藤厚労相の会見を英訳して全世界に発信、不安を払拭せよ!!」→ ネットの反応wwwwwwww

【新型コロナ】石原伸晃さん「コロナによる日本への風評被害は看過できない! 加藤厚労相の会見を英訳して全世界に発信、不安を払拭せよ!!」→ ネットの反応wwwwwwww
microphone-704255_640
続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

武漢肺炎を議題とするG20会議で中国代表が参加を拒否したと判明 露骨な逃げの一手を打つ

武漢肺炎を議題とするG20会議で中国代表が参加を拒否したと判明 露骨な逃げの一手を打つ
1:新種のホケモン ★:2020/02/22(土) 18:20:48.37 ID:CAP_USER

【リヤド共同】日米欧の先進国と新興国による20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議がサウジアラビアの首都リヤドで22日、2日間の日程で開幕する。初日は世界経済を議題とし、中国などで猛威を振るう新型コロナウイルスによる肺炎流行が、世界経済の先行きリスクを拡大させるとの懸念を共有。23日に共同声明を採択して閉幕する。

 日本からは麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁が出席。黒田氏は開幕前に記者会見し、新型肺炎の「終息のタイミングが分からないので、不確実性が大きい」と述べ、中国経済の動向を注視する考えを示した。中国は国内対応を優先し、閣僚の参加を見送った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00000095-kyodonews-bus_all

2/22(土) 17:35配信


続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

【衝撃】「爆サイ.com」運営社長、脱税容疑で逮捕→ あの有名女優の兄だった!!!

【衝撃】「爆サイ.com」運営社長、脱税容疑で逮捕→ あの有名女優の兄だった!!!
676deabc688ba6b761d0c80f5a1ffbc2_s
続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

海外「西洋に負けるな!」日本のゲームを巡ってポリコレ論争が海外で勃発中

海外「西洋に負けるな!」日本のゲームを巡ってポリコレ論争が海外で勃発中




 カテゴリ
 タグ
None

海外「日本は称賛されるべきだ」 日本のクルーズ船対応を非難する米紙に反論の声が続出

海外「日本は称賛されるべきだ」 日本のクルーズ船対応を非難する米紙に反論の声が続出
新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船、
「ダイヤモンド・プリンセス」で隔離されていた乗客の内、
感染が確認されなかった約500人の下船が19日に始まり、
下船した日本人以外の乗客乗員は、順次帰国しています。

乗客乗員を船内に留めて検疫を行うという日本政府の対応に対し、
WHOで緊急事態への対応を統括する担当者は、
「当時としては明らかに好ましかった。
 感染が広がった後も現実的に対応を修正していった。
 事後的に是非を判定するのは簡単なことだ」と述べています。

一方で、海外メディアからは日本の対応に否定的な記事も。
先日にも「基本的人権の侵害」と日本を批判したワシントンポストは20日、
船内の感染症対策を動画で批判した神戸大教授の岩田健太郎氏の話を元に、
「専門家曰く、日本の対応は完全に不適切だった」と題した記事を掲載。
「新型コロナウイルスが急速に広がったとはいえ、
 日本政府の対応は遅く、適切ではなかったと多くの専門家が指摘している」
と第三者の発言を通して日本の対応に問題があったと指摘しています。

このワシントンポスト紙の記事に対し、反論が相次いで寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「これは反日プロパガンダだ」 『日本は滅びゆく国』と報じた米紙に反論が殺到

7467467467.jpg


 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © ニュースな話題 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます