今や、すべてにおいてデジタル化の時代であること。

たしかに便利でもあり、もはやその流れに逆らうことはできない。

しかし、モノを考えることまではパソコンまかせにできない。

今はまだ、記憶することまでがの担当となっている。

しかし記憶と思考はどこかでつながっているのでは?。

そこで手書きのメモをもっと見直してみてはどうだろう。

このメモがある程度溜まったところで、自分なりに並べ替える。

メモをとることは、それを視覚で確認することになる。

さらに、それを声に出して読めば、聴覚をも刺激する。

記憶から思考へ、思考から発想へ、発想から想像へという連環が生まれるはず。

五感を刺激すれば、良い発想がうまれるのでは?

タブレットを使うことも多くなり、書くことが減っているときだからこそ
見直す時がきているかも。

かっこいい時計時計 をして、メモすれば、すばらしい発想が生まれるかもしれない。
スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None